自由の地を求めて(下巻) (新潮文庫)

自由の地を求めて(下巻) (新潮文庫)

自由の地を求めて(下巻) (新潮文庫) [ ケン・フォレット ]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
労働者を煽動した罪を着せられ、マックは捕われる。流刑囚として送られたのは植民地のヴァージニア。当地の農園を任される領主の次男の妻となったリジーも海を渡った。早い段階で結婚生活の破綻を悟ったリジーは、自由を求めるマックに惹かれてゆく。一緒に逃げよう-彼らはついに行動を起こした。だが、遺産相続に必死なリジーの夫は追跡を開始。独立前夜の大地に銃声が轟く。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
フォレット,ケン(Follett,Ken)
1949年、ウェールズ生まれ。新聞記者、出版社勤務などを経て1978年にスパイ小説『針の眼』を発表、同書はアメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞を受賞した。1989年に発表した『大聖堂』は全世界で2000万部以上を売り上げ、18年後に刊行された続編『大聖堂ー果てしなき世界』も大きな話題を呼んだ。壮大なスケールで激動の20世紀を描いた「百年三部作」は、フォレット畢生の大作として世界的ベストセラーとなった

自由の地を求めて(上巻) (新潮文庫)

自由の地を求めて(上巻) (新潮文庫)

自由の地を求めて(上巻) [ ケン・フォレット ]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
18世紀後半。スコットランドの炭坑で、マック・マカッシュは喘いでいた。苛酷な労働と爆発の危険。未来の見えない生活から、マックは逃げたかった。そんな折、幼馴染のリジー・ハリムが坑内に忍び込む。冒険心旺盛なこの領主の娘に助けられ、マックはロンドンへと逃走する。ここで荷役夫の職を得たが、またしても搾取に抵抗し、立ち上がる…。混乱の時代を抉る鬼才の歴史巨編。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
フォレット,ケン(Follett,Ken)
1949年、ウェールズ生まれ。新聞記者、出版社勤務などを経て1978年にスパイ小説『針の眼』を発表、同書はアメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞を受賞した。1989年に発表した『大聖堂』は全世界で2000万部以上を売り上げ、18年後に刊行された続編『大聖堂ー果てしなき世界』も大きな話題を呼んだ。壮大なスケールで激動の20世紀を描いた「百年三部作」は、フォレット畢生の大作として世界的ベストセラーとなった

キル・リスト

キル・リスト

キル・リスト [ フレデリック・フォーサイス ]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ホワイトハウスに存在する、超危険人物が記された極秘名簿“キル・リスト”。法的手続きを必要とせず処刑させるリストに名前が加わったのは、狂信的イスラム主義者“説教師”。ネット上で弁舌をふるう扇動者を抹殺すべく、大統領指令が下る。対テロ特別組織“TOSA”の主任テロリストハンター“追跡者”による、“説教師”暗殺作戦が動き出したー圧倒的なリアリティと空前のスケールで描かれる緊迫のノンストップ・サスペンス!!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
フォーサイス,フレデリック(Forsyth,Frederick)
1938年イギリス生まれ。英空軍のパイロットなどを経て、ロイター通信の海外特派員、BBC放送の記者を務めた後、作家に。71年、ドゴール暗殺をテーマに書いた長編『ジャッカルの日』(KADOKAWA)で小説家としてデビュー

コブラ(下) (角川文庫)

コブラ(下) (角川文庫)

コブラ(下) (角川文庫) [ フレデリック・フォーサイス ]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
コロンビアの巨大麻薬カルテル“兄弟団”を殱滅するため、コブラは作戦を実行に移す。敵組織幹部の娘を人質に裏切者リストを入手、それと同時に謀報網を駆使して国内への密輪ルートを暴き出す。対空用に爆撃機を配備、海上に武装艦を展開し、敵に姿を見せないまま鉄壁の組織を崩壊させてゆくコブラだったが、その作戦は大きな代償を強いるものだった…。圧倒的なリアリティで描かれる、軍事サスペンスの最高峰。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
フォーサイス,フレデリック(Forsyth,Frederick)
1938年イギリス生まれ。英空軍のパイロットなどを経て、ロイター通信の海外特派員、BBC放送の記者を務めた後、作家に。71年、ドゴール暗殺をテーマに書いた長編『ジャッカルの日』(KADOKAWA)で小説家としてデビュー

コブラ(上) (角川文庫)

コブラ(上) (角川文庫)

コブラ(上) (角川文庫) [ フレデリック・フォーサイス ]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「南米コロンビアから流入するコカインを撲滅せよ」。米大統領からの指令が下ったのは、「コブラ」の異名を持つ元CIA局員、ポール・デヴロー。冷戦を戦い抜き、対テロ戦争にも従事した男。大統領からの全権委任状を取り付けたコブラは、「復讐者」ことキャル・デクスターを仲間に加え、任務を遂行する。巨大麻薬組織“兄弟団”を標的とする“プロジェクト・コブラ”が幕を開けた!国際謀略小説の巨匠による超一級エンタテインメント!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
フォーサイス,フレデリック(Forsyth,Frederick)
1938年イギリス生まれ。英空軍のパイロットなどを経て、ロイター通信の海外特派員、BBC放送の記者を務めた後、作家に。71年、ドゴール暗殺をテーマに書いた長編『ジャッカルの日』(KADOKAWA)で小説家としてデビュー

アフガンの男(下) (角川文庫)

アフガンの男(下) (角川文庫)

アフガンの男(下) (角川文庫) [ フレデリック・フォーサイス ]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アルカイダという閉鎖的組織への潜入を成功させるために取られたのは、替え玉作戦。現在は収監中のタリバン戦士、イズマート・ハーンに成りすまし、アラブ世界へ身を投じたマイクは、着々と進行するテロ作戦の実行部隊の一員となる。潜り込んだ先は、船。この船で一体、どんなテロを起こそうとしているのか?折しも、豪華客船に各国要人が集うG8の開催日が近づいていた…。混迷の現代社会に警鐘を鳴らす、超一級の物語。円熟の著者が放つ、軍事スリラーの金字塔。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
フォーサイス,フレデリック(Forsyth,Frederick)
1938年イギリス生まれ。英空軍のパイロットなどを経て、ロイター通信の海外特派員、BBC放送の記者を務めた後、作家に。71年、ドゴール暗殺をテーマに書いた長編『ジャッカルの日』(KADOKAWA)で小説家としてデビュー

アヴェンジャー(下) (角川文庫)

アヴェンジャー(下) (角川文庫)

アヴェンジャー(下) (角川文庫) [ フレデリック・フォーサイス ]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
エドモンドはかつての戦友の上院議員を通じてCIAにも問い合わせるが、犯人の所在は入念に秘匿されていた。青年虐殺の容疑で行方を追われるこの男こそ、ビン・ラディン逮捕計画のキーマンなのだ。その時がくるまで、必ず安全に泳がせ続けねばならない…。そして、アヴェンジャーとCIA捜査官の命運は、男が隠棲する南米の地で、遂にクロスするー。戦争に彩られた半世紀を描ききった、軍事スリラーの傑作。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
フォーサイス,フレデリック(Forsyth,Frederick)
1938年イギリス生まれ。英空軍のパイロットなどを経て、ロイター通信の海外特派員、BBC放送の記者を務めた後、作家に。71年、ドゴール暗殺をテーマに書いた長編『ジャッカルの日』(KADOKAWA)で小説家としてデビュー

アヴェンジャー(上) (角川文庫)

アヴェンジャー(上) (角川文庫)

アヴェンジャー(上) (角川文庫) [ フレデリック・フォーサイス ]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1995年。ボスニアで一人のアメリカ人青年が消息を絶ったことが、全ての始まりだった…。2001年。ベトナム帰還兵のデクスターは、退役後、弁護士をしながら、“アヴェンジャー”というコードネームで「人狩り」の仕事を請け負っていた。今回の依頼は、ボスニアで孫を殺害した犯人を捜してほしい、という財界の大物エドモンドからのもの。そしてこの依頼こそが、世界を“9.11”へ向かわせる引き金だった…。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
フォーサイス,フレデリック(Forsyth,Frederick)
1938年イギリス生まれ。英空軍のパイロットなどを経て、ロイター通信の海外特派員、BBC放送の記者を務めた後、作家に。71年、ドゴール暗殺をテーマに書いた長編『ジャッカルの日』(KADOKAWA)で小説家としてデビュー

囮たちの掟 (角川文庫)

囮たちの掟 (角川文庫)

囮たちの掟 (角川文庫) [ フレデリック・フォーサイス ]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
バンコク発ロンドン行き英国航空10便。バカンスを終えた家旅客らを乗せた機内で繰り広げられる麻薬組織とMI5の闘いを描く「囮たちの掟」、西部開拓時代を舞台に、ネイティヴ・アメリカンの娘と騎兵隊の男の一途な恋の逃避行を描く「時をこえる風」の二編を収録。キング・オブ・ストーリーテラーが放つ、物語の真髄を極めた至高の短編集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
囮たちの掟/時をこえる風

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
フォーサイス,フレデリック(Forsyth,Frederick)
1938年イギリス生まれ。英空軍のパイロットなどを経て、ロイター通信の海外特派員、BBC放送の記者を務めた後、作家に。71年、ドゴール暗殺をテーマに書いた長編『ジャッカルの日』(KADOKAWA)で小説家としてデビュー

戦士たちの挽歌 (角川文庫)

戦士たちの挽歌 (角川文庫)

戦士たちの挽歌 (角川文庫) [ フレデリック・フォーサイス ]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ロンドンの寂れた街角で、足の悪い老人が二人組の男に襲われた。犯人は殴る蹴るの暴行のうえ、財布を奪って逃走。被害者は脳内出血で、身元不明のまま死亡してしまう。やがて、犯人は目撃者の証言によって逮捕され、誰もが有罪確実とみていたのだが…。表題作「戦士たちの挽歌」をはじめ、結末の意外性が存分に楽しめる三編を収録。物語の醍醐味が凝縮された、珠玉の短編集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
戦士たちの挽歌/競売者のゲーム/奇蹟の値段

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
フォーサイス,フレデリック(Forsyth,Frederick)
1938年イギリス生まれ。英空軍のパイロットなどを経て、ロイター通信の海外特派員、BBC放送の記者を務めた後、作家に。71年、ドゴール暗殺をテーマに書いた長編『ジャッカルの日』(KADOKAWA)で小説家としてデビュー